予約を変更する場合は・・・

シースリーの予約変更の仕方について!

 

脱毛するためにシースリーへ通っている方はいらっしゃると思います。

 

または、これからシースリーへ通おうとしている人もいらっしゃると思いますが、その際に都合などで最初に指定していた日に通えなくなってしまったということはあると思います。

 

では、これから通う予定の人でこのような場合になったらどうしたらいいのでしょうか?

 

シースリーは予約制となっているため、必ず施術してもらいたい日を指定しなければなりません。

 

以前のシースリーでの申請方法は電話のみとなっていました。そのため、電話をしてもスタッフが足りなくて電話に出られないことや予約がすでにいっぱいで施術が受けられないということがあり、お客さんからクレームがあったのがきっかけでインターネットでの受付が可能となりました。

 

ですので今では電話またはインターネットから予約を行うことができます。

 

さらにインターネットの場合だと24時間受付をしているので営業時間内に電話での予約は難しいという人や忙しくて電話をする余裕もないという人はインターネットでの予約がお薦めとなっています。

 

そして完了したら、あとはその日を待つだけですが、誰でも一度は都合が悪くなってしまうということはあります。

 

予約していた日に急用が入ってしまって行けなくなった。ということはサロン関わらずあると思います。その際に注意してほしいのが、予定が合わなくなったら必ずキャンセルの電話をしてください。

 

シースリーではませんが、無断でのキャンセルや遅刻をしてしまうとその回の違約金として3,000円を支きちんとキャンセルをすれば追加料金などはあり払わなければならなくなります。

 

遅刻は一分でも遅刻をしてしまうと違約金が発生してしまうので、急に生理がきて行けなくなった又は急用ができて行けなくなった、遅れそうなるといった場合には必ずその店舗へ電話で連絡するようにしてください。

 

また、店舗からの着信がくる場合もありますので、自分が通っているシースリーの店舗の電話番号は登録しておくとスムーズに進みます。

シースリー予約変更したら次回はだいぶ先になる?

シースリーの最大の売りは予約が電話でもインターネットでも可能で変更も自由ということです。

 

さらにインターネットなら24時間受付が可能になっているため、いつでもどこでも申し込みが可能となっています。

 

ここで注意してほしいのが変更した際にその変更日に施術が受けられるとは限りませんので気を付けてください。

 

シースリーでは「2か月先まで&4回分」というシステムで施術日を申請することができます。

 

当然他の人も同じシステムになっていますので、キャンセルをして新たに施術日を決めたとしてもその日を先に申請していた人がいた場合、その人が優先され自分は後回しにされます。

 

つまり2か月先まで予約が埋まっている可能性があり、近い日での再施術はほぼ不可能となります。

 

またシースリーでは施術に関してのルールが大きく分けて4つあります。

 

1つ目は、同じ部位の施術は次回の施術まで最低でも3か月空けなければならない。

 

2つ目が、これは全身脱毛の場合ですが全身を上半身・下半身・背中側・腹側の4つのパーツに分けて、さらに1日に受けられる施術はこの4つのどれか一つしか受けることができない。

 

3つ目が生理中の場合は5日目まで施術はできない。

 

最後の4つ目がVIOラインは経血が完全に止まってからでないと施術はできないというものになっています。

 

ですので、同じ部位を施術するという方は必ず最低でも3か月は空けないといけませんから心配はありませんが、全身脱毛や他の脱毛コースを受けている方はなるべくキャンセルなどはしない方がいいです。事前にきちんと施術日を確認しておいてその日に店舗に通うことができるかどうか調整してください。また生理日も考慮にいれて申請するようにしましょう。

 

最後にまとめとして、シースリーは非常に料金も安くリーズナブルのため人気があります。ですが、それによって急用などで都合が合わなく違う日に施術してもらうとしても近い日での再施術が可能とは限りませんので注意してください。

 

また施術日の変更の際には必ず店舗へ電話で連絡するようにしないと違約金が発生してしまうので気を付けてください。