脱毛後の日光浴は避けましょう

シースリー

 

脱毛を行った際に肌の炎症を起こした経験がある人は、少なくないとされています。

 

黒い色である毛や毛穴に反応するように施術るるのだから炎症は起こさないのでは、と思うかもしれませんが、肌にはシミやソバカスが思いのほか存在します。

 

レーザーがこれに反応し、脱毛と関係ないところで炎症を起こす可能性があるのです。

 

また肌に施術するわけですから、肌にダメージを与えていることには間違いありません。

 

そのため施術をした箇所に火照りの症状を感じる人も多くおり、それをそのまま放置していると炎症を起こしやすくなり、肌トラブルが引き起こされることにも繋がります。

 

そこで肌の炎症を起こさないためにも、脱毛後は紫外線に当たらないようにする注意が必要です。

 

肌に直接塗る日焼け止めの使用は止め、肌が隠れるような洋服を着たり、太陽の下にはなるべく行かないようにしましょう。

 

また刺激の弱い化粧水などを使い肌を保湿し、クールダウンを行うことも重要です。そして肌が敏感な状態になっているので熱いお風呂に入浴することは避け、ぬるめのシャワーを使うと良いでしょう。

 

しかし紫外線を避け、冷やしたり保湿をしても稀に肌の炎症が治らない場合があるので、状態が酷い様なら早く医療機関で診察してもらいましょう。

 

美容クリニックで脱毛を行った人ならば施術をした美容クリニックで診察しても大丈夫ですが、サロンでは治療行為を行うことが出来ないので相談で終わる可能性もあります。

 

炎症をそのまま放置していれば治療にも時間がかかり、シミやソバカスの原因にもなるので、早期に対処するようにしましょう。