脱毛と体臭の関係。とくにワキ脱毛するとワキガになるという噂の真相

シースリー

 

ムダ毛が気になって脱毛したことがある人は多いと思いますが、脱毛した後は体臭が目立つようになることがあるのできちんと体臭のけあもしなければなりません。

 

その良い例としてワキを脱毛した後に臭いが気になる仕組みを見ていきましょう。

 

まず、ワキを脱毛したことによって空気の層を形成していた毛がなくなるので、ワキの腕側と体側側で空気が通れなくなります。

 

すると、脇でかいた汗が蒸発しづらいので、蒸れるようになってしまいます。

 

蒸れた状態で人は不快感を感じるようになるので動くのですが、動いても湿気が上手く逃げない場合にはこの湿気に雑菌が繁殖するようになるのです。

 

その雑菌による臭いが腋臭なのです。

 

その腋臭に体臭が合わさるとより強烈なにおいとなって私達は不快に思うのです。

 

では、どのようにすれば防ぐことができろのかというと一番手っ取り早いのが制汗スプレーで汗そのものを抑えるのです。

 

制汗スプレーが高いという人は汗をかいてきたらティッシュなどで拭いておくのも効果的です。

 

汗をかいてしまっても乾かすように心がけるだけでもだいぶ違うものですし、換えの衣類を準備しておくと乾かせないほどの汗をかいてしまっても安心です。

 

ここまで対策を書いてきましたが、脱毛する際やした後にしておきたいことも見てみましょう。

 

まずは脱毛する前にお風呂に入りましょう。

 

お風呂に入ってから脱毛することによってお風呂で毛穴が開くので痛みが比較的少ない状態で抜くことができます。

 

毛穴の中で毛は神経に絡まるように生えているために抜くと神経が切断されて痛みが生じるのですが、毛穴が開いていると毛穴の口にある神経は刺激しないため痛みが少し緩むのです。

 

さらに、脱毛した後には保湿剤などを塗っておくと良いでしょう。

 

毛を抜いた後の皮膚は軽い炎症状態なので、炎症を少しでも早く治すために乾燥から守ってあげるのです。

 

さらに保湿剤には体内の水分を有効に使って保湿する成分があり、より早く治るようになります。