毛抜きでムダ毛を抜くと太くなる?

シースリー

ムダ毛は、毛抜きで抜くことで生えてこなくなると聞いたことはありませんか?

 

ムダ毛をカミソリや電気シェーバーで剃った場合では、数日も経てばムダ毛は伸びてきて触り心地チクチクとして不快ですよね。

 

毛抜きで抜いた場合、ムダ毛を根本から抜くことができるのでチクチクすることもありませんし、青髭のようになってしまうこともありません。
しかし、毛抜きでムダ毛を抜いても生えてこなくなるということはありません。

 

ムダ毛を毛抜きで抜くということは、肌や毛穴にとても大きなダメージや負担を与えてしまうことになりますし良いムダ毛のお手入れ方法とは決して言えないものなのです。

 

カミソリでムダ毛を剃るよりも、毛抜きでムダ毛を抜きたくなってしまう気持ちはとてもよくわかります。

 

カミソリでムダ毛を剃るということは、毛の断面は残っているわけですからすぐに伸びてきてしまいますし断面が残っていることで青髭のようになってしまって恥ずかしいですよね。

 

毛抜きでムダ毛を抜くということは、ムダ毛を根本から抜くことができるため断面が残ることがありません。

 

そのため、キレイにムダ毛のお手入れをできているような気持ちになってしまうんです。

 

たとえば、青髭のようになってしまいそうな太くて濃いムダ毛は毛抜きで抜いてお手入れして細くて薄い産毛程度のムダ毛はカミソリで剃ってお手入れするという方が多いようです。

 

たしかに、産毛程度のムダ毛をひとつひとつ抜いていくのはとても時間と手間がかかってしまいますし面倒ですよね。

 

ムダ毛を毛抜きで抜くことで毛乳頭という部分にダメージを与え、次にムダ毛が生えてくるスピードを遅くすることができます。

 

毛乳頭にダメージを与えたことによって、ムダ毛が薄くなるということも考えられます。

 

ムダ毛を抜いたり剃ったりすると濃くなる、太くなるとよく言われているようですが医学的な根拠は全くないそうです。

 

ムダ毛を毛抜きで抜くことで毛乳頭にダメージを与え、次にムダ毛が生えてくるスピードを遅くしたり、ムダ毛を細く薄くすることはできるかもしれませんが決して「生えてこなくなる」ということはありません。

 

ムダ毛が生えてこない状態にするためには、毛乳頭や毛母細胞を死滅させなければならないからなのです。

 

自己処理では毛乳頭や毛母細胞を死滅させることはできません。

 

毛乳頭や毛母細胞を死滅させたいのであれば、脱毛エステサロンなどで脱毛施術を受けるという方法があります。