抑毛効果のあるローションについての詳細

シースリー

 

抑毛効果のあるローションのほとんどには酵素や大豆イソフラボンなどが含まれています。

 

これらは女性ホルモンと同様、もしくは類似の働きのある成分です。

 

ムダ毛と呼ばれるほとんどの部位の体毛を発育させているのは男性ホルモンのため、抑毛効果のあるローションに含まれる女性ホルモンと同様の働きのある成分によって発毛を抑えることができるのです。

 

ムダ毛処理に抑毛効果のあるローションを使用することのメリットは、簡単、手軽に自己処理の手間を軽減できることです。

 

カミソリや毛抜きなどでの自己処理後にローションを塗布するだけで、毛の発育をおくらせることができる上、使い続ければ自己処理をしなくても目立たなくなるほどにまで毛を薄くすることさえできるのです。

 

そうなれば高いお金を払ってエステサロンで脱毛契約する必要などなくなりますよね。痛みや手間もエステの脱毛とは雲泥の差です。

 

しかし、メリットがあればデメリットも付き物です。

 

最大のデメリットは、Vラインや眉など、効果が出ない部位があるということです。これらの部位は女性ホルモンに支配されて発毛しているため、残念ながらローションを塗布しても全く抑毛効果はありません。使う部位がローションの効果を得ることができる部位かどうか、事前に確認が必要ですね。

 

また、まだホルモンが安定していない思春期の女子には効果が出にくい場合があります。抑毛効果のあるローションを使いたいとお思いの方は、以上のことを頭に入れて気長に使用することをおすすめします。