シースリーは未成年でも通えるの?

シースリー

思春期は同性の友人と自身を比べたり異性の目を気にしたりと、なにかと外見へのこだわりが強くなる時期でもあります。

 

そうした中でコンプレックスになってしまいがちなのが体毛の濃さや量です。

 

他の人と比べて体毛が濃かったり、量が多いと感じてしまうと、どうしても気になってしまうものです。

 

しかし、セルフ処理では肌を傷つけてしまうなどのトラブルも起こりやすいため、綺麗な肌を手に入れるためにシースリーのような脱毛サロンでの脱毛を考えることもあるでしょう。

 

ここで問題となるのが未成年でもシースリーに通うことが出来るのかということです。

 

一般的に脱毛の施術は、未成年は受けられないというイメージがありますが、実際のところは条件を満たせば施術を受けられることが多く、シースリーも同様に施術を受けることは可能となっています。

 

その条件としてあるのが、親権者の同意です。

 

未成年の場合、契約において発生する責任を持つことが出来ないため、自分の意思だけでは契約をすることが出来ません。

 

ですので、必ず親権者の同意が必要となります。

 

最も確実な方法は、実際に無料カウンセリングを受ける時点で親権者に同席してもらい、一緒に話を聞いたうえで契約をするということです。

 

この場合は、その場で契約を済ませることが出来ますので、予約を取れば自分一人で脱毛の施術に通うことが出来るようになります。

 

また親権者の同席が難しいという場合は、同意書を提出することでも契約をすることが出来ます。

 

シースリーでは、ホームページ上から同意書をダウンロードできるようになっていますので、事前に親権者に同意書に記入してもらい持っていくとよいでしょう。

 

ただし、この場合は、契約の前に改めて親権者に電話で確認をすることがありますので、事前に親権者へその旨を伝えて、きちんと連絡が取れるようにしてもらっておくとよいでしょう。

 

もしも、電話確認の時点で親権者と連絡が取れなかった場合、すぐに契約をすることが出来なくなる可能性もありますので気を付けなければいけません。

 

↓店舗検索&お得なキャンペーン↓

 

実際に未成年でシースリーに通っている人・通っていた人に口コミをインタビューしました!

私はまだ未成年ですが、親がシースリーに通っても良いよと言ってくれたので全身脱毛に通っています。未成年だと、他の社会人の人とあまり予約の時間がかぶらないみたいで、学校帰りにすぐ立ち寄るような時間帯だと比較的簡単に予約がとれて通いやすさを実感しています。

 

シースリーは毎月二回お手入れをしてもらえるので、ガンガン通って脱毛効果を実感しやすい点も気に入っています。

 

友達にシースリーに通ってるんだ、というと羨望の眼差しで見られるのも嬉しい点です。

 

勉強やバイトで忙しいな、と感じることもあるけれど、仕事をしていない未成年のうちに脱毛を終わらせておけば、きっと将来役に立つと思うので、今のうちから全身の気になるムダ毛を一掃しようと思っています。

 

シースリーはお手入れ中の痛みもそれほど気にならず、ビビリの私でもリラックスして寝ちゃいそうになるくらいなので、未成年には贅沢かなと最初は迷ったけれど、シースリーに通うことにして良かったです。

未成年ですが、長年毛深いことで悩んでいることを両親が理解してくれていたので、シースリーに通いたいと相談したときも未成年だからと頭ごなしに反対しないで私の話を聞いてくれました。

 

母と一緒にシースリーで説明を受けて、両親に同意書を書いてもらえたので、未成年の私でも脱毛に通うことが出来ています。

 

始めは周りが大人の女性ばかりで、かなりドギマギしてしまいましたが、シースリーのスタッフのお姉さん達は皆優しくい方たちばかりだったので、最初だけ母に付き添ってもらいましたが、二回目からは自分だけで通えるようになりました。
心配だったムダ毛も徐々に薄くなってきているのを実感出来ているので、今まで面倒だった自己処理の手間が少なくなり、体育の時間割がある日でも安心して登校出来ます。

 

空いた時間を友達とのやりとりや宿題にあてることが出来ているので、未成年でもシースリーに通えるようになってよかったと大満足しています。両親にも感謝です。

 

>>シースリーについて詳しくはこちらのページでご紹介しています。